3255円 吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン・ファンタジックな絵 【インチサイズ】版画IPC50 クリスタル・花の詩吉岡浩太郎 ホビー アート・美術品・骨董品・民芸品 絵画 版画 シルクスクリーン 吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン 舗 ファンタジックな絵 版画IPC50 花の詩吉岡浩太郎 インチサイズ クリスタル churchhubs.com,3255円,【インチサイズ】版画IPC50,/antesignanus1767460.html,ホビー , アート・美術品・骨董品・民芸品 , 絵画 , 版画 , シルクスクリーン,絵画,吉岡浩太郎,クリスタル・花の詩吉岡浩太郎,メルヘン・ファンタジックな絵,版画 churchhubs.com,3255円,【インチサイズ】版画IPC50,/antesignanus1767460.html,ホビー , アート・美術品・骨董品・民芸品 , 絵画 , 版画 , シルクスクリーン,絵画,吉岡浩太郎,クリスタル・花の詩吉岡浩太郎,メルヘン・ファンタジックな絵,版画 3255円 吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン・ファンタジックな絵 【インチサイズ】版画IPC50 クリスタル・花の詩吉岡浩太郎 ホビー アート・美術品・骨董品・民芸品 絵画 版画 シルクスクリーン 吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン 舗 ファンタジックな絵 版画IPC50 花の詩吉岡浩太郎 インチサイズ クリスタル

毎日続々入荷 吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン 舗 ファンタジックな絵 版画IPC50 花の詩吉岡浩太郎 インチサイズ クリスタル

吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン・ファンタジックな絵 【インチサイズ】版画IPC50 クリスタル・花の詩吉岡浩太郎

3255円

吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン・ファンタジックな絵 【インチサイズ】版画IPC50 クリスタル・花の詩吉岡浩太郎






作品名花の詩
作家名吉岡浩太郎
○作品詳細
作品の種類ジグレスクリーン版画・クリスタルラメプリント加工
作品の詳細エディション1000部/作家サイン
絵サイズ15.0X10.0センチ
額縁サイズ27.5X22.5センチ
額縁のタイプアルミ製デザインフレーム/アクリルガラス付/マット額装
※ブラウンタイプ・ホワイトタイプの2タイプからお選びください。
○吉岡浩太郎プロフィール
1928年山口県に生まれる。
   香月泰男に師事
1967年スクリーン版画の研究を始める
1973年絵画研修のため渡欧
1974年セントラル画廊でスクリーン版画個展
1989年絵画研修のため渡欧
1992年スクリーン版画個展
1996年日蓮宗 円頓寺壁画制作
1997年以降ピクチャーショーで新作を発表
   各種カレンダー、雑誌の表紙に掲載
2001年東京絵画フェスティバル出品
○吉岡浩太郎版画作品について
◎吉岡浩太郎版画についてシルクスクリーンとジグレスクリーンの2種類の版画技法によって制作されています。
 ・シルクスクリーン版画とは、絹の繊細な織布の上に製版し、熟達した高度な摺り技術により
 一色ごとに丹念に摺りあげていく多色刷版画です。
 ・ジグレスクリーン版画とは、デジタル技法による精密機器を利用したアートでコンピュータにより
 色彩分析を行いプリントされています。さらに、耐光性を強まるためにシルクスクリーンによる
 表面処理がされています。
◎エディションとは、作品左下にある限定数をいいます。分母が刷り数で分子が通し番号です。
 通し番号に価値の違いはありません。また、追加再販には、Sまたは’があります。
 APナンバーは作家所有のエディションナンバーです。

吉岡浩太郎 絵画 版画 メルヘン・ファンタジックな絵 【インチサイズ】版画IPC50 クリスタル・花の詩吉岡浩太郎

検査陽性者の状況(群馬県調べ)
増加数(前日比)
県内感染者数
死亡者数
通学通学も楽しく 気分はハロウィーン 上毛電鉄

 乗客にハロウィーン気分を味わってもらおうと、上毛電鉄(群馬県前橋市)が恒例の「ハロウィン電車」を運行し...

もっと見る
社会
政治
経済
国際
暮らし
科学・医療
文化・芸能
スポーツ
群馬のスポーツ
全国のスポーツ
高校野球
ザスパクサツ群馬
群馬クレインサンダーズ
群馬ダイヤモンドペガサス
上毛新聞の本
果実酒歳時記 季節を味わう果実酒暮らし

四季折々に目にする果物や植物素材を果実酒にして、二十四節気ごとの行事やイベントにあわせて楽しく味わうという果実酒歳時記。
おなじみの梅酒のほか、フキノトウ、タンポポ、セロリ、ブルーベリー、新生姜、ユズなど入手し易い素材を使って、立春から大寒までの間で、季節を感じる自然の恵みや旬の幸からできる50種類の果実酒のレシピと飲み方を、イラスト付きで紹介している。手作り文化を海外にも伝えるため、全文を英訳して掲載した。
渡邊 修著、A5判、120ページ、1430円

高校生からの哲学入門 高校生からの哲学入門

長年、高校の公民科教育に携わってきた著者が「倫理」を選択していない高校生や「倫理」を学ぶことなく高校を卒業してしまった人たちに、哲学や倫理学の基本を学んでもらえるようにという思いで書いた。はじめて哲学書を手にする人に最適の入門書。「精神のはたらき」「存在するもの」「正しい知識」「道徳と幸福」の4つのテーマから構成され、それぞれの章でプラトン、デカルト、ロック、バークリ、ヒューム、カント、ベンサム、ミル、ラッセルなどの哲学者の思想および現代の「トロッコ問題」(ある人を助けるために他の人を犠牲にすることは許されるか)についてもわかりやすく解説している。高校の新科目「公共」を教える先生方にも参考になるはずである。
服部潤著、A5判、210ページ、1430円

石坂荘作と顔欽賢‐台湾人も日本人も平等に‐

明治から昭和にかけて、日本と台湾の友好の礎を築いた東吾妻町原町出身の石坂荘作は、日本統治下の台湾・基隆市で夜間学校や台湾初の図書館を開設。生涯を同市の近代化に捧げ、「基隆聖人」と敬愛された。また、顔欽賢は台湾の財閥に生まれ、旧制高崎中学から立命館大を卒業し、石坂が設立した学校を引き継いだ。明治から昭和にかけて台湾の近代化に尽くした二人を通して、改めて本県と台湾、日本と台湾の関係を考察する。

上毛新聞の電子書籍
近代化遺産から世界遺産へ ―群馬県平成期のある文化運動の一断面―

世界文化遺産に登録された富岡製糸場と絹産業遺産群。 登録までの道のりをたどるとともに、その価値を探る。 2014年6月、世界文化遺産に登録された富岡製糸場。製糸場と絹産業遺産群にはどのような価値があり、登録までどのような道のりをたどったのか―。 登録作業に直接かかわった著者が、10年余りの登録作業を振り振り返るとともに、かけがえのない遺産が持つ価値、今後の展望を解説する。 続きを見る

「群馬で就職したいけど、どんな会社があるの?」と思ったら読む本。

群馬県内のさまざまな業界のトレンドとともにそこで働く人たちを紹介してきた上毛新聞社の経済連載シリーズ「業界スコープ」。 2018年6月から2019年5月までの1年間で取り上げた業種は51、社会人インタビューは実に102人に上る。 これまで掲載した「業界スコープ」の記事とグラフ、写真を全て今回の一冊にまとめた。 取り上げた業種は金融や製造、サービスから公務員、農林業まで幅広く網羅しており、就活生から転職を考えている人までさまざまな角度から「群馬で働く」ことをイメージできる。 続きを見る

世界遺産「富岡製糸場」のまちから ブリュナエンジン復元!

世界遺産「富岡製糸場」の創業時の動力源にして、現存する日本最古の蒸気機関「ブリュナエンジン」が復元された。 世界遺産のまちの工業人が困難と思われながらも果敢に挑み、3年半をかけて完成させたプロジェクトの全貌を余すところなく紹介。 続きを見る